エチカの鏡で話題!
平林都の接遇道
平林都の接遇道
メインメニュー
新着マナー
LINKS
OTHERS
 

大人のマナー・常識事典

一般常識を身に付けてより高度な知識・所作・マナーを学び、大人・社会人としての品格を高めましょう。
年末年始は忘年会・新年会など宴席が多くなります。
職場の上司、取引先の人などがいるので、マナーを知っておかないと、恥をかいてしまう可能性もあります。
お酒が入るので気を抜いてしまいがちですが、きちんとしたマナーを覚えておきましょう。

席の順番
宴席では、入口から遠い席が上座、入口に近くなるにしたがって下座になります。
和室では、床の間の前が一番上位の席になります。

また、庭や夜景など眺めの良さを楽しんで欲しい場合、長いテーブルでは真ん中に座ってもらうなど、臨機応変に対応しても構いません。
その場合は、きちんと理由を説明してから、その席を勧めるようにしましょう。
何も説明をしないと、席次のマナーを知らない、と勘違いされてしまいます。

お酌
日本酒をおちょこに注いでもらう場合、テーブルの上に置いたままでは「置き注ぎ」というマナー違反になります。
ただし、ワイングラスだけは持ち上げてはいけません。
ワインの場合は、グラスに手を添えれば、相手に敬意を表すことができます。

ビールの場合はグラスを両手で持ち上げれば、相手に敬意を表すことができます。
反対にビールを注ぐ場合は、ビンのラベルを上にして持ちましょう。
そして、ビンがグラスに触れないように、注意して注ぎます。
| マナー | 16:13 | - | - | pookmark | 昨年の記事
お中元やお歳暮、お祝いや誕生日のプレゼントなどを贈ったり、もらった場合のマナーを紹介します。

お礼とお返し
贈り物をもらった場合、お礼の電話やメールは当日か翌日までにするようにしましょう。
贈った相手もちゃんと届いているか心配しているはず。
お礼の手紙を書く場合は、3日以内に届くようにします。

お返しは、1週間〜3週間後までに届くようにします。
早めにお返しをしてしまうのはマナー違反。


贈り物の選び方
相手が喜ぶ贈り物は、その人の趣味や嗜好があるため、ベストな物を見つけるのはなかなか難しいものです。
贈り物選びに迷った場合は、相手に欲しい物を尋ねても失礼にはならないので、ぜひ聞くようにしましょう。
ただし、お中元やお歳暮、お詫びの場合は、相手に尋ねると失礼になるので、やめておきます。

また、聞きづらい相手の場合は、その人と仲の良い人に尋ねてみるのも良いでしょう。

どうしても贈り物が決まらない場合は、現金や商品券を贈っても構いません。
いい加減に選んだ物よりも、相手のためになるので失礼にはなりません。


贈らない場合
お中元やお歳暮など、今まで贈っていたけどやめたい場合は、何も言わずにやめてもマナー違反にはなりません。
お世話になった人には、一度挨拶に行って、それを機会にやめると自然です。
いきなりやめるのが気になる場合は、最初にお中元をやめて、次の年からお歳暮もやめる、という風にしましょう。


お祝い金とお返しの相場

出産祝い
親戚・親友:1〜2万円
知人・会社:3〜5千円
お返し:頂いた金額の1/2相当

入学祝い
親戚・親友:5千円〜1万円
知人・会社:3〜5千円
お返し:不要

卒業祝い
親戚・親友:1〜3万円
知人・会社:5千円〜1万円
お返し:不要

成人祝い
親戚・親友:1〜2万円
知人・会社:5千円
お返し:不要

新築祝い
親戚・親友:1〜2万円
知人・会社:5千円〜1万円
お返し:頂いた金額の1/2相当

長寿祝い
親戚・親友:1〜2万円
知人・会社:5千円〜1万円
お返し:内祝い

餞別
親戚・親友:1〜2万円
知人・会社:3〜5千円
お返し:不要

お見舞い
親戚・親友:1万円
知人・会社:5千円
お返し:頂いた金額の1/2相当
| マナー | 16:49 | - | - | pookmark |
旅行や買い物などの外出先、電車の中などの公共の場でのマナーを紹介します。

観光
旅行で観光する場合の服装に決まりはありませんが、その場の美しい景色を乱さないように気をつけましょう。
ラフな格好よりも少しお洒落をしていた方が、現地の方も温かく迎えてくれるはず。
きちんと周りにも配慮できることが大人のマナーです。
ごみのポイ捨ては、もってのほか。


ホテル・旅館
ホテルや旅館に宿泊する場合、お金を払っているお客の立場なので、つい自由な立ち振る舞いをしてしまいがちですが、サービスをする側はお客のマナーをきちんと見ています。
スリッパはきちんと揃えているか、食後のお膳は整えてあるか、椅子はちゃんと元の位置に戻しているかなどで、その人の品位を見抜かれてしまいます。
サービスしてもらう側だからと傲慢にならず、品の良さを自然に出せるようにしておきましょう。
また、何かサービスをしてもらったら、必ず「ありがとう」など感謝の言葉をかけることを忘れずに。


買い物
服を買う場合、畳んである服を広げたり、鏡の前で合わせたりしますが、戻す時は必ず畳みましょう。
試着をする場合は、必ずお店の人に「試着していいですか」と必ず声を掛けるようにします。

また、お店の売り物を触る前には、自分の手がきれいかどうかを確認しておきましょう。
お客の触った服が汚れたり、試着の際、服に化粧が付いてしまうことも多く、困っているお店が多いそうです。


公共の場
公共の場のトイレや化粧室は、きれいに使うようにしましょう。
汚してしまった場合は、備え付けの紙などで必ず拭き取るようにします。
また、化粧室の鏡を長時間占領するのもやめましょう。


電車
電車内では、声を抑えて話すようにしましょう。
特に新幹線の中では、休んでいたり寝ている人も多くいます。
また、携帯電話を使う場合は、ホームに下りてから話すようにしましょう。
やむを得ず携帯電話で話す場合は、小声で話してすぐに切るようにします。
| マナー | 16:56 | - | - | pookmark |
ホームパーティーにお招きする時、お呼ばれされた時に役立つマナーを紹介します。

準備
ホームパーティーに人を招待する場合は、集まりの内容、他にどんな人を招待しているのかを相手に伝えましょう。
集合時間や服装などもきちんと伝えておけば、相手は安心して参加することができます。

また、持ち寄りが必要な場合は、持ってきて欲しいものをあらかじめリストアップして、伝えておきましょう。
こうしておけば、スイーツばかり、ワインばかりが集まることがなくなります。


手土産
ホームパーティーに招待されたら、手土産を持参するようにしましょう。
パーティーではこってりした料理が出されるので、あっさりした味付けのものを持参すると喜ばれます。
パーティーに出せそうな物をいただいた場合は、誰からいただいたものかを説明しながら、テーブルに出すようにします。


素足は避ける
女性の場合、夏場はサンダルやミュールを履くことが多くなりますが、相手の自宅に訪れる場合、素足でそのまま上がるのは避けましょう。
靴を脱ぐことが分かっている場合は、ストッキングや靴下を用意して、バッグの中に入れておきましょう。


後片付け
ホームパーティーの後片付けは、招いた側の意思を尊重しましょう。
後片付けは明日にして、今日はもっと楽しみたい、という場合も考えられます。
どうしても気になる場合は、気付かれないように素早く片付けておきましょう。

また、招いた側が手伝って欲しい場合は、やって欲しいをことをきちんと伝えるようにします。
お気に入りの食器は自分で洗う、などを伝えておけば、無用なトラブルも避けることも可能。


見送り
お客さんが帰ったら、玄関の明かりをすぐに消したり、ドアの鍵をすぐに閉めるのはやめておきましょう。
見送って相手が見えなくなってから、玄関の明かりを消したり、ドアの鍵を閉めます。
| マナー | 17:43 | - | - | pookmark |
友人との食事や仕事での会食、外食などの時に役立つテーブルマナーを紹介します。


大皿に盛られた料理を取り分ける場合、自分の使っている箸を逆さにして使うのはマナー違反。
手に持ったところは不衛生であり、見た目もあまり良くないのでやめておきましょう。
お店の人に頼んで取り分け用の箸をもらった方がスマートです。

また、料理がこぼれないように口元に手のひらを持っていくのもマナー違反。
日本料理の場合、小鉢やお椀などは手に持って食べるようにします。


食後の器
食べ終わった後の器は、元通りにしておきます。
ふた付きのお椀などは、ふたをきちんと閉めましょう。
ふたを裏返したり、少しだけずらして置くのもいけません。

また、器を重ねてしまうと、傷つけてしまう可能性もあるため、やめておきます。
箸も揃えて箸置きに置いておきましょう。


お店の不手際
料理に何か問題があった場合は、お店の人にさりげなく伝えるようにしましょう。
クレームを付けたり騒いでしまうと、周りのお客さんにも迷惑をかけてしまいます。


マイグラス
立食パーティーなどでは、自分の使っていたグラスが分からなくなってしまうことがあります。
そんな場合には、紙ナプキンを折ってグラスの下に置いておけば、見分けることができます。
それぞれが自分なりの折り方をしていれば、他の人と被ることもありません。


女性の場合
女性がお店に行く時は、香水の付けすぎ、指輪の付けすぎに注意しましょう。
香水の香りが強すぎると、純粋に料理を楽しむことができなくなりますし、他のお客さんにも迷惑をかけてしまいます。
また、指輪をたくさん付けていると、器に傷を付けてしまう可能性があります。
| マナー | 17:29 | - | - | pookmark |
相手の家にお呼ばれした場合に持っていく手土産の選び方・渡し方のマナーを紹介します。

選び方
手土産を選ぶ場合、まずはその相手のことを考えましょう。
甘い物が好きな人、和菓子が好きな人、お酒が好きな人など、相手の嗜好が分かっていれば、それに合わせて最適なものを選びます。

しかし、相手のことをまだよく知らなかったり、仕事上であまり深い関わりがない場合は、相手の嗜好がよく分からないこともあります。
その場合は、自分が好きで食べたいものを選ぶようにしましょう。
そうすることで、自分が本当に好きな物を相手にも食べてもらいたい、という気持ちも表れますし、手土産をきっかけに会話が弾む場合もあります。


渡し方
お祝いやお礼で相手の家に訪問する場合は、最初に手土産を渡しましょう。

お詫びの場合は、最初に渡してしまうと物で釣るような雰囲気になってしまうので、最後に渡すのが基本です。
ただし、最後まで手元に置いておくのは気が引ける場合は、その場面に応じて対応することも大切。
手土産を差し出しながら「申し訳ありませんでした」と頭を下げれば、そこから会話を繋げることもできます。

また、かしこまった席では袋から出して渡すのが正式ですが、よほどのことが無い場合は手土産は袋に入ったまま渡して構いません。
| マナー | 16:53 | - | - | pookmark |
普段からお世話になっている人の家を訪問するときの作法を紹介します。

和室での作法の基本を覚えておけば、旅館や料亭に行った時にも応用する
ことができます。


玄関

訪問時はコートを着たまま玄関に入ります。
これは、相手に「どうぞお上がりください」と言われるまでは、
家の中に入ることを許されていないからです。
ただし、手袋やマフラーは外しておいたほうがスマート。

玄関で挨拶を交わした後にコートを脱ぎ、次に靴を脱ぎます。
靴は揃えて脱いで、上がってから手で靴を外向きに直します。
相手の奥さんから「そのままでいいですよ」と言われたら、軽く
お礼を言って任せるようにしましょう。


座る場所

和室では、入口から遠いところが上座、近いところが下座です。
目上の人の家では下座に座るようにしましょう。
座布団に座るときは、座布団に手を添えて静かに座ります。
荷物がある場合は、相手に見えないように自分の後ろ側に置きましょう。

また、家の主が部屋に来る前に、床の間の掛け軸や庭を眺めておくと、
話の種にすることができます。

家の主が来たら、座布団を外して、一言添えて頭を下げましょう。


帰るとき

帰る時には、部屋の中でコートを着てはいけません。
必ず玄関までコートを持って行きましょう。
すぐにコートを着てしまうと相手に「早く帰りたいのか」という印象を
与えてしまいます。
| マナー | 16:29 | - | - | pookmark |
嫁が姑と付き合う上での大前提

嫁という字は、「女」に「家」と書いて「嫁ぐ」と読みます。

嫁いだ先の家には家風があるので、その家風を身に付けなければ、
どんなに頭が良くても、姑とぶつかり合ってしまいます。
そうならないように、まずはお茶の入れ方などの家風を聞いて
おきましょう。

また、姑は生活の知恵を持っているので、その知恵を聞きましょう。
些細なことでも、何事も姑に相談すること。


姑から孫へのプレゼント

孫はとてもかわいいので、過保護で甘やかし過ぎてしまいます。

そのため、姑から孫へプレゼントを買ってあげるときは、嫁にお金を
渡して、気に入ったプレゼントを買ってもらうようにしましょう。

そうすれば、嫁は「おばあちゃんにこんな素敵な洋服を買って
もらったからお礼を言いなさい」と、親から子供に躾を教えることも
できます。

お菓子などを買ってあげるときも、嫁に一言相談するようにすれば、
「あなたに聞いてから孫にしているよ」というメッセージになり、
お互い気持ちの良い関係になります。
また、嫁にも尊敬心が出てきます。


嫁と姑が言ってはいけないこと

孫への教育のことは、絶対に口出ししてはいけません。

「将来は一流大学に」などと口出しをしても、孫は嫁の子供なので、
一触即発になってしまいます。
孫への過剰な期待も絶対にいけません。

ただし、躾に関しては口出ししても大丈夫。
年寄りらしい教えをしてあげるとよいでしょう。

もし、姑が孫の教育について口出しをしてきたら、嫁は「父親に
まかせてください。それよりも躾を教えてあげてください。」と
答えれば、姑の出番を作ってあげることもできます。
| マナー | 17:17 | - | - | pookmark |
神社へのお参り

鳥居をくぐる前に軽く一礼をしましょう。
鳥居から先は神様を祀る神聖な場所(聖域)であることを忘れずに。

参道は端を歩きます。
参道の真ん中は「正中」といい、神様の通り道とされています。


手水舎(てみずや)

手水舎(てみずや)でのお清めの手順。

1.右手に柄杓を持ち、水を汲んで左手を清めます。

2.左手に柄杓を持ち替え、右手を清めます。

3.再度右手に柄杓を持ち替えて、左手に水を受けて口をすすぎます。
  柄杓に直接口をつけてはいけません。

4.口をすすいだ後は、再度左手を清め、柄杓を立てて余った水で
  柄の部分を洗い流します。


参拝

基本的な参拝「ニ礼ニ拍手一礼」の手順。

1.本殿の前に立ち、軽く一礼をする。

2.鈴を鳴らす。
  これは神様へ来訪を告げる合図。

3.お賽銭を入れる。

4.二回深くお辞儀をします(二礼)。

5.拍手を二度打つ(二拍)。
  古代中国では奇数は神様の数とされているので、偶数を用いて
  人間であることを知らせます。

6.一回深くお辞儀をします(一礼)。
| マナー | 17:55 | - | - | pookmark |
忘年会や新年会、結婚式などお酒の席に使える正しいマナーを身に
付けておきましょう。


ビールの注ぎ方

ビールを注ぐときにグラスを持つときは、飲み口に触ったり、注ぎ口を
グラスに当てて「カチン」と音をさせてはいけません。

ビール瓶を持つときは、ラベルが上になるように右手で瓶を握ります。
左手は軽く瓶の底に添えましょう。
そして、グラスの縁に瓶が当たらないように静かに注ぎます。

左手で瓶を持ち、右手を瓶の底に添えるのは「逆手の逆注ぎ」という
重大なマナー違反。
これは、刀を突きつける時と同じ持ち方なので「死」という意味を
相手に与えてしまいます。


割り箸の使い方

割り箸は横に持って、上下に割ります。
毛羽立ちがある場合は、手で取り除きましょう。
箸同士をこすり合わせてしまうのはマナー違反。

使い終わった割り箸は、箸袋の中に半分ほど入れ、余った袋の先は
折り返しておきます。
こうしておけば、片付ける人の手を汚さず、使用済みであることを
伝えることができます。


挨拶

冠婚葬祭では、忌み言葉という使用すると失礼にあたる演技の悪い
言葉があります。

例えば、結婚式などで「高校卒業以来、離れ離れになって…」などの
別れを連想させる言葉は使ってはいけません。
「ますますのご繁栄を」という重ね言葉も結婚を何度も繰り返すことに
通じるのでご法度。

「新婦はお仕事を離れて」は「新婦は家庭に入られて」
「新たなスタートを切る」は「新たなスタートを迎えて」
「お料理が冷める前に」は「お料理が温かいうちに」

などと言い換えて使うようにしましょう。


話し言葉

お酒の席で話す言葉は、前向きな言葉を使うようにしましょう。
否定的な表現はしないのが普通です。

「どれでもいいよ」は「どれもいいね」
「楽しかったけど疲れた」は「疲れたけど楽しかった」
「もう5分しかない」は「まだ5分もある」
「もう飲めません」は「十分いただきました」

などと言い換えると、少しの違いで気持ちはガラリと変わります。
| マナー | 17:44 | - | - | pookmark |