エチカの鏡で話題!
平林都の接遇道
平林都の接遇道
メインメニュー
新着マナー
LINKS
OTHERS
 

大人のマナー・常識事典

一般常識を身に付けてより高度な知識・所作・マナーを学び、大人・社会人としての品格を高めましょう。
<< 病気見舞い | main | お歳暮 >>
お辞儀には、主に以下の3種類があります。

最敬礼
一番深いお辞儀。
角度は70〜75度で、両手の指を膝頭上まで下ろします。
お詫びの際は、90度まで深く屈体します。

敬礼
角度は45度。
両手を膝頭と足の付け根の中間まで下ろします。
深く感謝を伝える場合は、角度は70度くらいにします。

会釈
角度は15度。

これらのお辞儀をする時のコツは、良い姿勢から腰を折るように屈体して、背中と首筋が一直線になるようにすること。
背中が丸くなったり、あごが出たり、頭だけを下げるのは良くありません。

両手は、自分から見て「ハ」の字にします。
指はつけて、肩や腕の力は抜きましょう。
指先を意識すると、上品なお辞儀になります。
| マナー | 14:38 | - | - | pookmark |