エチカの鏡で話題!
平林都の接遇道
平林都の接遇道
メインメニュー
新着マナー
LINKS
OTHERS
 

大人のマナー・常識事典

一般常識を身に付けてより高度な知識・所作・マナーを学び、大人・社会人としての品格を高めましょう。
<< 葬儀の言葉遣い | main | 会社訪問時の手土産 >>
年末年始は忘年会・新年会など宴席が多くなります。
職場の上司、取引先の人などがいるので、マナーを知っておかないと、恥をかいてしまう可能性もあります。
お酒が入るので気を抜いてしまいがちですが、きちんとしたマナーを覚えておきましょう。

席の順番
宴席では、入口から遠い席が上座、入口に近くなるにしたがって下座になります。
和室では、床の間の前が一番上位の席になります。

また、庭や夜景など眺めの良さを楽しんで欲しい場合、長いテーブルでは真ん中に座ってもらうなど、臨機応変に対応しても構いません。
その場合は、きちんと理由を説明してから、その席を勧めるようにしましょう。
何も説明をしないと、席次のマナーを知らない、と勘違いされてしまいます。

お酌
日本酒をおちょこに注いでもらう場合、テーブルの上に置いたままでは「置き注ぎ」というマナー違反になります。
ただし、ワイングラスだけは持ち上げてはいけません。
ワインの場合は、グラスに手を添えれば、相手に敬意を表すことができます。

ビールの場合はグラスを両手で持ち上げれば、相手に敬意を表すことができます。
反対にビールを注ぐ場合は、ビンのラベルを上にして持ちましょう。
そして、ビンがグラスに触れないように、注意して注ぎます。
| マナー | 16:13 | - | - | pookmark | 昨年の記事