エチカの鏡で話題!
平林都の接遇道
平林都の接遇道
メインメニュー
新着マナー
LINKS
OTHERS
 

大人のマナー・常識事典

一般常識を身に付けてより高度な知識・所作・マナーを学び、大人・社会人としての品格を高めましょう。
<< 寿司屋 | main | テーブルマナー >>
相手の家にお呼ばれした場合に持っていく手土産の選び方・渡し方のマナーを紹介します。

選び方
手土産を選ぶ場合、まずはその相手のことを考えましょう。
甘い物が好きな人、和菓子が好きな人、お酒が好きな人など、相手の嗜好が分かっていれば、それに合わせて最適なものを選びます。

しかし、相手のことをまだよく知らなかったり、仕事上であまり深い関わりがない場合は、相手の嗜好がよく分からないこともあります。
その場合は、自分が好きで食べたいものを選ぶようにしましょう。
そうすることで、自分が本当に好きな物を相手にも食べてもらいたい、という気持ちも表れますし、手土産をきっかけに会話が弾む場合もあります。


渡し方
お祝いやお礼で相手の家に訪問する場合は、最初に手土産を渡しましょう。

お詫びの場合は、最初に渡してしまうと物で釣るような雰囲気になってしまうので、最後に渡すのが基本です。
ただし、最後まで手元に置いておくのは気が引ける場合は、その場面に応じて対応することも大切。
手土産を差し出しながら「申し訳ありませんでした」と頭を下げれば、そこから会話を繋げることもできます。

また、かしこまった席では袋から出して渡すのが正式ですが、よほどのことが無い場合は手土産は袋に入ったまま渡して構いません。
| マナー | 16:53 | - | - | pookmark |