エチカの鏡で話題!
平林都の接遇道
平林都の接遇道
メインメニュー
新着マナー
LINKS
OTHERS
 

大人のマナー・常識事典

一般常識を身に付けてより高度な知識・所作・マナーを学び、大人・社会人としての品格を高めましょう。
<< そば屋 | main | 手土産の選び方・渡し方 >>
寿司屋に行った時に役立つマナーを紹介します。

注文
寿司屋に入って注文する時、おまかせコースを頼んでしまいがちですが、本来は自分が好きなネタを食べるのが当たり前。
料金は少し割高になってしまいますが、自分の食べたいものを注文するようにしましょう。

魚の種類や名前、旬の魚が分からない場合は、「今日、マグロ(白身・光りもの)は何がありますか?」と聞けば、魚の名前を教えてくれるので、その中から選びましょう。
下手に自分の知識を出してしまうと、逆に恥をかいてしまう場合もあるので注意。
主人に素直に聞けば、そこから会話に繋げることもできます。

また、最近では先に白身を頼んでから脂ののっている赤身を頼む、と言われているようですが、元々このようなルールはありません。
ごく一部の食通が言い出したことなので、自分の好きな順に頼みましょう。

ただし、同じネタを何回も連続して食べるのは止めておきましょう。
お店から見れば色々なネタを食べて欲しい、という思いもありますし、ネタ切れになってしまう可能性もあります。
後から来るお客さんのことも考えておきましょう。


食べ方
「通は手で食べる」と言いますが、手で食べても箸を使ってもどちらでも構いません。
ただし、出された寿司はなるべく早めに食べましょう。
時間が経てば味は落ちてしまいますし、見た目もあまり良くありません。

また、しょう油は小皿に必要な分だけ注ぎましょう。
食べ終えた頃に、しょう油が小皿に残っていないのが理想的。
なくなったら足せばよいので、最初から大量に入れるのはやめておきます。

お酒を注文しても構いませんが、あくまでも寿司を食べる場所なので、ほどほどにしておきましょう。
酒の種類は自分の好きな物で構いません。
| お店でのマナー | 16:34 | - | - | pookmark |